ブログ | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ 

2018年 8月 18日 溜まった修判・確認テストは夏のうちに終わらせよう!

こんにちは!

担任助手一年の増田です!

今日は突然涼しくなり秋が近づいていることを実感させられました。

さて、秋を快く迎えるためにすべきこと。

それはずばり

SS判定を取られていない修判・確認テストをSS判定にすることです!

みなさんはSS判定を取れていないのに放置してしまっているテストは無いですか?

その状態で二学期に入ってしまうと

学校の勉強と東進のオンラインテストの両方に追われ、

予定通り学習を進めることが難しくなってしまいます

また、単純にSS判定を取られていないということは

学習した内容が完全には理解できていない

ということなので次に学習したことの理解度が低くなってしまいます

SS判定を取らないことは”百害あって一利なし”なので

必ず夏休み中にすべてのテストをSS判定にして、

気持ちのいい二学期を迎えましょう!

 

2018年 8月 17日 夏休みも残り2週間!!

 

皆さんこんにちは!

担任助手1年の山口です

今日は比較的涼しくて過ごしやすいので、

夏の終わりが近づいているのを実感しますね。

 

え?そんなことはない?

いやいや皆さん

そんな悠長なことは言ってられないですよ!

なにせ、夏休みも残り2週間なんですから!

あれだけ長く思えた夏休みも、

あとたったの2週間で終わってしまいます。

皆さん、やり残したことはないですか?

夏休みが始まる前に立てた目標は

しっかり達成できていますか?

予定通り動けている人はGOOD!

8月26日のセンター試験本番レベル模試

存分に夏の成果を発揮して下さい!!

あまり予定通りいけていない人。

あと2週間しか夏休みはないですが、

逆に言えば

まだあと2週間は猶予が残されています!

しっかりリスケジュールをして

夏休みを駆け抜けましょう!

スケジュールを立てる時に大事なのは

達成可能なスケジュールを立てることです。

そもそも達成できないスケジューリングをしていては

予定を立てている意味がありません。

自分が勉強にあてられる時間をしっかり把握したうえで、

優先順位をつけながら、1日の動き方を

詳しく決定していきましょう。

終盤に差し掛かってきた夏休み。

最後まで最大限の努力を続けましょう!

 

 

 

2018年 8月 16日 質のよい睡眠をとろう

こんにちは!

担任助手1年の梁瀬です

ついに、、、8月も後半に入りましたね。

夏バテで疲れが溜まってきている人も

多いのではないですか?

疲れて朝起きられなくなり、勉強量が減ってしまっては

受験生失格!ということで今日は質のよい睡眠

疲れをとるために、今日からできることを3つ紹介したいと思います。

1つ目は軽い運動をすること!

受験生の皆さんは1日中勉強して体が硬くなっているので

夜寝る前などに10分程度、軽いストレッチをすると体がほぐれて

寝つきもよくなります。

2つ目は室温や光で心地よい空間を作ること!

エアコンの温度調整が上手くできていない部屋で

すごして、体調を崩した経験皆さんもありますよね

タイマー機能などを上手く活用して適温に調節してください!

3つ目は規則正しい食生活を送ること!

朝、昼、夜ごはんを毎日可能な限り同じ時間に食べるようにして

体に1日のリズムを覚えさせるようにしましょう!

夜遅くまで勉強を頑張っている人もいるとは思いますが、

日付が変わるころには寝るようにして

夜型の生活にならないように、そして朝から東進に来て

頑張って勉強していきましょう!

 

 

 

 

2018年 8月 15日 朝登校って何のため?

こんにちは! 担任助手1年の東宮です!

8月もついに中間地点を過ぎようとしてます。

センター過去問、進捗どうですか?

 

さて、もうあと少しで夏休みが終わってしまう今、

残りの時間有効に使いたいところ・・・!

そこで今日のテーマはこちら、

「朝登校って何のため?」

 

夏休みに入って、学校がお休みの中、

自分で計画を立てて勉強したり、部活に行ったり

とにかく「自主性」が求められる時期になります。

そこで大事なのは、

普段の生活リズムを崩さないようにすること!

「普段は学校に行く分、朝早くに起きているけど、

夏休みくらいは夜更かしして朝遅くに起きてもいいよね~!」

なんて考えてませんか?

朝は早起きして、東進に登校しましょう!

そして

午前中から勉強をするという習慣をぜひつけましょう!

というのは、

受験本番にあわせたリズム

今のうちから作っておくべきだからです。

センター試験でも、二次試験でも、

午前中から本番は始まります。

夜型だから早起きが苦手・・・! という人も、

本番に向けて少しずつ朝早く起きる習慣をつけてみましょう。

 

また、朝登校を促進する、今ならではの理由もあります。

そうです、日中暑いからです。

「東進いこうかな~」と外に出ようとしても、

猛暑の中だと行く気も起きづらいと思います。

朝の涼しいうちに東進にきて、

冷房の効いた涼しい静かなところ

午前中から集中して勉強するのは、

効率アップにもつながります!

 

東進ハイスクール本郷三丁目校では、

8月31日まで、朝8時から開館しています!

また、8時半からは音読会を、

9時からは高速マスター会も開いています。

朝早く起きて、東進にくるリズムをしっかりつけましょう!

 

2018年 8月 14日 疲れた時の勉強法!

こんにちは!

お久しぶりです、担任助手3年の田中です!

 

夏休みも残り2週間ほどとなりましたが、

皆さん充実した夏休みを過ごせているでしょうか?!

ちなみに僕は、来年は研究室生活で夏休みがほぼ無いと予想されるので、

実質大学最後の夏休みを満喫しています!(笑)

 

さて、

今日のブログテーマは「疲れた時の勉強法!」です。

 

毎日、長時間の勉強を続けていると

疲れがたまってきて、気付かぬ間についウトウト…

ということもあるかと思います。

それは、夏休みのような長期休みでは、普段の休日と異なり

「毎日継続して長時間の勉強をする」必要があるため、

意識的に勉強法や生活習慣を変えておかないと、

疲労が蓄積してしまうからです。

特に高校3年生は、

毎日12時間位の勉強を継続していくことが求められます。

ここで、「疲れた時の勉強法」を知っているか否かで

大きな差ができるはずです!

 

それでは、疲れた時にはどのように勉強すればいいのかというと、、、

まず休むことです!

…勉強法と言っているのに休むの? と言われるかもしれません。

しかし、就寝前に1日の勉強を復習する、という場合を除いては

勉強の質や効率を考えると、疲れた時には無理に勉強するよりも

むしろ「しっかり休む」ことの方が重要です。

 

もっと言うならば、本当は「疲れた」と感じる前に

休憩しなくてはいけません。

「疲労感」は脳からのSOSの信号であり、

それを感じるころには

既にかなりの疲れがたまってしまっているからです。

 

東進の時間割で1時間半ごとに

15分の休憩が挟まっているように、

定期的に「しっかり休む」ことが重要です。

 

ここでいう「しっかり休む」とは、

携帯やスマホをいじることではなく、

・10分程度の昼寝をする

・心休まるような音楽を聞く

・気分転換に少し歩く

など、自分の脳が一番休まりリラックスできる状態にすること

です!

 

勉強法、と聞くと勉強時間のことのみを

考えてしまいがちですが、

長時間の勉強を継続していくためには、

休憩の取り方も重要なポイントになってきます!

上で書いたように、

休憩時間の過ごし方(=質)も意識していきましょう!

今日のキーポイントをまとめると、

①疲れた、と感じていなくても定期的に休憩はとる

②休憩は、脳をしっかり休めることを意識して

自分が最もリラックスした状態にする

です。

 

「疲れた時の勉強法」を意識して、

残りの夏休みも目いっぱい勉強に励みましょう!!!