過去問分析シートを活用しよう! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 10月 5日 過去問分析シートを活用しよう!

こんにちは

担任助手4年の高橋です

10月に入り高3生は過去問演習真っ盛りだと思います

そんな今日のテーマは、、、

「過去問分析シートを活用しよう!」

です!!

この時期、高3生は過去問に取り組んでいると思いますと

第1志望校の過去問は10年分終わり併願校の過去問に入っている人も多いはず

過去問を通じて実践的な演習をしていくことはとっても大事!

ですが、、、

その過去問、解きっぱなしになっていませんか?

過去問は解くだけではなくて

解いた後が大事になってきます

 

解いた後にすることは復習分析です

 

さすがにみなさん復習はやっていると思います

間違えた問題の解説をみたり

分からなかった単語の確認をしたり

これらも大事な過去問演習の一部です

 

 

ですがここで終わってはいけません!

過去問は分析するまでが過去問演習です!

 

分析とはいったい何をしたらいいのか

よくわからない人もいるはず

分析のゴールは

次同じ問題が出たときにどうしたら解けるかを考えることです

 

例えば、、、

英語長文の空所補充問題を間違えたとしましょう

復習したところ間違えの原因は根拠の拾い違いだと気付きます

ここで分析することはなぜ拾い違えてしまったのかを考えることです

このなぜを考えることがとても大事です

解説(正しい解き方)は唯一なもので

それを見れば誰でも問題の解き方は納得できるはず

ですが間違え方は人それぞれ違います

だからこそ間違えた原因を探る必要があります!

 

その時に使えるのが過去問分析シートです!!

分析シートを使えば分析した内容を記録していくことができます

その記録が溜まっていくにつれて

同じ間違え方をしていることなど

一回の演習では気付かなかったことにも気付けるようになっていけます!

 

過去問演習は地道な作業です

「次は8割取る!!!!」

と意気込むことも大事ですが

「ココを勉強したらあと5点は伸びる」のように

下から積み上げていくように演習していくことも重要です

 

しっかり分析シートを活用して1点でも多く点数が取れるよう頑張っていきましょう!!