それぞれの専門の面白さ ~宗次編~ | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2021年 11月 24日 それぞれの専門の面白さ ~宗次編~

こんにちは!担任助手の宗次です!

嫌いな季節が刻一刻と近づいてまいりました。

いつでもどこでもしっかり厚着しています。

 

さて、本日は先日に引き続き

「それぞれの専門の面白さ」について話します。

自分は現在、文学部史学科に通って

日本史の勉強をしており、

主に ①近現代の史料 ②くずし字

講読をしています。

①近現代の史料はこんな感じです↓↓↓

近現代の史料は一見簡単そうに見えて、旧字体が使われていたり

表現が難しくて意味を取りずらかったりします。

こういう史料にも面白さがあります。

このような史料には必ず意味があり、

(例えば、有力議員の政策を忖度して褒め称えている文章など)

時代の背景を考えながら読み進めていくと

色々なものが見えてより興味深くなります。

 

②くずし字はこんな感じです↓↓↓くずし字は、初見で読むのは至難の技です。

ものによっては大学の先生ですら読めないものもあります。

最初の方は、「え?! これで『適当』って読むの? なんだそれ」

とか言いながら読んでいますが、

これも①と同様、徐々に読めるようになると面白くなってきますし、

自分も楽しみながら日々学習しています。

 

日本史に興味関心がある人は少ないかもしれませんが、

大学で学ぶ専門的な内容は大変興味深いものです。

少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

合格