過去問演習は10年分やり切ろう! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 11月 26日 過去問演習は10年分やり切ろう!

 

こんにちは!担任助手2年の塚根です。

最近暖かい日と寒い日が交互くらいで来るので、

何を着ていいか迷います。

風邪をひかないように防寒はしましょう。

さて!今日のテーマは

「過去問は10年分やり切ろう!」です!

高3生はもうすでに過去問演習が一通り終わっている方も

いると思います。

高2生以下の皆さんは、よく面談や生徒説明会などで

過去問を10年分やろう、という話を聞くのではないでしょうか。

そもそも、なぜ過去問を10年分やらなければいけないのでしょうか!

その大きな理由として、「大学の出題傾向を知る」ということがあります。

入試問題は、その大学の先生が作っているので、問題に特徴があります。

過去問を10年分解くことで、しっかりその特徴を知り、

自分の苦手な分野を知り、対策していく

ということが、過去問演習では必要です。

また、単元ジャンル別演習を使用する際、

過去問演習の成績から苦手な分野をAIが読み取り、問題を出題するので、

過去問を10年分解いていないと、その人に本当に合った問題が出題できず、

まったく意味のないものになってしまいます。

10年分なんて多い…と思う方もいるかもしれませんが、

第一志望合格には最低限必要なことです!

しっかり10年分を解ききりましょう。

高2生以下は、高3になり過去問演習にスムーズに入れるよう

今取っている受講をしっかり期限内に修了させましょう!