語学はどう学ぶ?! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 3月 29日 語学はどう学ぶ?!

皆さんこんにちは!担任助手1年の市野澤光です。

先日、東京で桜が満開になり、とうとう春がやってきたという感じがしますね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?充実した春休みを送れていますか?

さて、本日は誰もが通らなければならない道、

語学!

効率のよい学び方についてお伝えしたいと思います。

私は高校3年間、フランス語を学んでいて、受験にも使いました。

が、中学までは英語を学んでいたので

フランス語を始めてすぐのころは本当に何一つわからず

abcから勉強するといった感じでした。

そんな私が、語学を学ぶにあたって大切だと思ったことを2つお伝えします。

まず一つ目は、

言語は声に出すもの!!

言語習得の流れは

話す→読む・書く

という順になっています。

話せないけど書ける赤ちゃんはいないですし

アイヌ民族は文字を持たない民族として有名です。

つまり、皆さんもこのように学ぶのが自然なのです。

単語ばかりでなくフレーズで覚えてみる

といった工夫もできます。

とにかく声に出して読んでみてください。記憶の残り方が違いますよ。

そして2つ目は、

言語は文化である

ということです。

たとえばドイツとフランスは隣接している国ですが、

ラテン語系であるフランス語ではKの文字はほとんど使われません。

逆にゲルマン語系のドイツ語ではCの文字がほとんど使われません。

というように、言語はその民族の文化と深い関係があります。

勉強の合間に、英語のはぐくまれた土壌について

調べてみるのもいいかもしれません。

ほかにもたくさん工夫の余地はあります。

自分にあった工夫をして語学の学習をしてみてください。

語学がどんどん楽しくなり、自分のものになりますよ。

語学を制して、受験も制しましょう!!