苦手科目との向き合い方~渡邉編~ | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 本郷三丁目校 » ブログ » 苦手科目との向き合い方~渡邉編~

ブログ

2023年 5月 21日 苦手科目との向き合い方~渡邉編~

 

 

こんにちは、

担任助手2年の渡邉です。

生徒の皆さんは

今定期テスト期間の人が多いと思いますが

東進の勉強と両立しながら

頑張っていきましょう!

さて、本日のテーマは

苦手科目との向き合い方

です。

私が受験生の時

物理

がとても苦手でした。

受講を受けても最初は

物理から逃げていて

受験生の6月までは

物理が壊滅的な状態でした。

物理に向き合わなければいけないなと

覚悟したきっかけは

校舎で参加した

二次私大演習会でした。

当時、物理の基本問題でさえ

解けるかどうかというレベルであったため

二次私大の過去問にも

当然歯が立ちませんでした。

どのくらい歯が立たなかったというと

100点満点中9点

でした。

流石にもう少し取れると思っていたので

少し絶望してました。…

と同時にもう物理から逃げてられないと

覚悟を決めたのを覚えています。

そこからは

基礎に戻ることを恥ずかしがらずに

一から積み上げていきました。

周りが過去問演習を進めている中、

基礎的なことをやっていて

焦りも感じましたが、

自分のペースを守って演習を続けていきました。

今振り返って思うと

苦手科目を向き合うのに必要なのは

なぜ苦手なのかを理解することと

それに向き合う忍耐力

だと思います。

なぜ苦手なのか、何が難しいのかを学び

それに応じて勉強方法を

改善する必要があると思います。

また、

勉強法を確立したら

それを継続することが大切です。

苦手科目は

最初逃げ出したくなりますが

基礎が積みあがってきたら

徐々にできるようになるので

頑張っていきましょう!

 

 

最新記事一覧

過去の記事