第一志望校を決めた理由 ~砂川編~ | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2021年 11月 11日 第一志望校を決めた理由 ~砂川編~

こんにちは!

担任助手の砂川です

 

11月の全国統一高校生テストが終わりその結果に一喜一憂している東進生も多いのではないでしょうか?

 

もちろん点数が良かった方はそれまでの自分を褒めてあげましょう

でも油断は禁物です!

 

必ずまだ足りない所があるはずなので次の目標に向かってまた頑張りましょう!

逆に点数があまり良くなかった方は落ち込んでいても何も変わりません

 

しっかりと模試の成績表からの情報を全て吸収して

次回への対策を考えていきましょう!

では今回はこの成績表からの情報の一つである

第一志望校

について私の実体験をもとに考えていきます

 

自分が大学受験本番で実際に受けようと思っている大学は

基本的に「志望校」です

その中でも「第一志望校」はかなり重要で

受験勉強の方向性を変えてしまう程の影響力を持ちます

 

このような第一志望校だからこそ

しっかりと考えて決めてほしいと思っています!

 

では実際に私がどのように志望校を決めたのかについてですが

 

主な原因はオープンキャンパスです

正直、発表していた具体的な研究内容はかなり難しく、直接的な原因にはなりませんでした

そこで大きな原因なったのは

学校の雰囲気

 

これは実際に行ってみないと全くわかりません!

基本的に4年以上通うので

居心地が良いか、学生の雰囲気が合っているか

は非常に重要なポイントです

実際に私も農工大 小金井キャンパスの自然あふれる雰囲気に強く惹かれました

 

次に「将来からの逆算」も原因の一つです

私は将来的に情報分野の仕事として行きたかったので

都内で情報分野に強い国立大学として名前が出てくるというのは重要でした

 

他にもあこがれの教授がいるや「家からできるだけ近い方が良い」、「逆に関東圏以外が良い」など

さまざまな決め方があります

決めた原因は最終的に勉強のやる気に直結します

 

ここがしっかりしているかは本番の結果に繋がると言っても過言ではない!

慎重に決めていきましょう!

 

合格