第一志望の過去問はどれぐらい解くの? | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 9月 18日 第一志望の過去問はどれぐらい解くの?

こんにちは!

担任助手2年の高橋です

夏の暑さも落ち着きすごしやすい日々が続いていますね

昼と夜の寒暖差も激しくなってきているので体調にも気をつけていきましょう

さて、そんな今回のテーマは、、、

「第一志望の過去問ってどれくらい解くの?」です

秋になってくると2次の過去問をとき始める生徒も出てきますね

結論から言うと、、、

10年分×2回です

なぜかと言うと、、、

 

①その大学の問題傾向に慣れるため!

過去問にはそれぞれの大学によって

難易度、

出題範囲、

問題のクセ

が異なってきます

そのため!

それらの傾向に慣れる必要があります!

慣れるためにも

10年分を2回

解く必要があるのです!

時間配分に慣れるため!

二次の過去問は出題傾向以外にも

解答時間が変わってきます

かなり制限時間が厳しいところや

比較的考える余裕があるところなど様々です

そういった制限時間に

対応し慣れる為にも

10年分を2回

解く必要があるのです!

第一志望の過去問を

解いて!

対策して!

合格を勝ち取ろう!