私のおススメの本 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 9月 21日 私のおススメの本

こんにちは! 担任助手1年の東宮です!

大分涼しくなってきましたね、

うっかり半袖を着てきてしまったのでとても寒かったです…

 

さて、季節も秋めいてきましたが、

皆さんは「◯◯の秋」と言えば、

どのような言葉を思い浮かべますか?

食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋…などなど、

たくさんありますが、

今回は「読書の秋」をテーマに、

私のおススメの本を紹介したいと思います!

 

私が今回紹介する本はこちら、

坂口安吾の『白痴』

 

元々近代文学が好きなので、

現代作家の作品よりは、少し昔の本を読むことが多いです。

その中でも、坂口安吾の書いた話が特に好きです!

今回は彼の代表作のひとつでもある、

この『白痴』を紹介しました。

一人の男と一人の「白痴」である女が、

戦時中の中で関係を深めていく話です。

彼らのどうしようもない愛が、安吾らしい表現で描かれています。

 

坂口安吾などの、このあたりの本になってくると、

青空文庫で無料公開されていることが多いです!

ネット経由でも気軽に読めるこの時代、

試しに読んでみてはいかがでしょうか?

 

国語の点数を伸ばす、という視点も大事ですが、

洗練された文章に触れるのは、受験勉強に限らず、

今後生きていく中で、大きな財産となります。

本を読むことで、新たな表現の発見にもつながるので、楽しいですよ!

素敵な言葉をたくさん吸収して下さいね!