私が受験生活で得たもの【市野澤編】 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 3月 7日 私が受験生活で得たもの【市野澤編】

こんにちは!初めまして!

今年度から本郷三丁目校で担任助手をすることになりました

慶應義塾大学文学部1年の

市野澤光と申します。

よろしくお願いします!

ちなみに、受験科目はフランス語・小論文・世界史でした。

さて、今回は私の受験生活について、そしてそこで得たものについて書いてゆこうと思います。

私は高校でフランス語を選択しており、受験も英語ではなくフランス語を使いました。

そのため受験できる大学も限られていました。

はじめの頃は将来の夢が決まっておらず、勉強が手につかないことが多々ありました。

1年ほど経って、高校の教師という夢が決まり

第一志望も慶應義塾大学の文学部に決めることができました。

そして、受験科目も絞ることができ、勉強も効率よく進めることができました。

慶應義塾大学文学部には「自己推薦入試」という入試があり、

そちらも受験することに決めました。

やることが多くて非常に辛かったですが、

しっかりと時間を区切ってやることで乗り切り

結果的に自己推薦入試で合格を勝ち取ることが出来ました!

合格した今から振り返ってみると、

とてもバタバタした受験だったな、という印象があります。

同時にどんなことに対しても、夢と目標が必要だという事を学びました。

高校0、1、2生、そして3年生のみなさん、

できるだけたくさんのものに触れ、

できるだけ早く自分の将来の夢を見つけてください。

そうすることで辛い受験勉強を乗り越えるための原動力になり、

合格がずっと近づくはずです!