直前期にやっていたこと | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2021年 12月 27日 直前期にやっていたこと

担任助手2年の登張です!

共通テストまで20日を切りました…!

本当に時間が経つのが早いですね…けどまだまだやれることは沢山ありますよ!

 

今日のテーマは、「直前期にやっていたこと」です!

 

僕の場合、私立文系型だったので、

センター試験の大問別演習だったり、直前期のまとめ講座を受講していました。

 

大問別を何でやっていたかと言うと、シンプルに弱点を潰すためです。

自分は直前期になって、国語の古文が少しとれなくなってしまったので、

1日数題解いて、解き方を体に染み込ませていました。

そこで、自分の解法と解説を比較して、なぜ自分の解答が誤っているのか

納得するまで解決しようと考えました。

 

また、英語では

少し癖のあるセンター試験第3問や第4問に苦手意識があったので、

2日に1題くらいのペースで解いていました。

 

大問別演習の良いところは、

模試と違って、演習した後にすぐ復習できるので、

演習の回数を効率よく増やすことが出来ました。

ただ、点数を上げることが目的となって、

他の得意な科目を触れずにいると、

本番で大コケしてしてしまう可能性があるので

所要時間はあまりかけすぎずに注意して下さい。

 

まとめ講座では、漢文のまとめを受講していました。

漢文は私大の過去問では登場する頻度が低く、

割と後回しにしていた分野だったので、

まとめ講座で総復習できてよかったと思っています。

自分にとって足りていない部分を補充できるので、まとめ講座は直前期におススメです!


 

 

合格