残り一か月間の勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 12月 19日 残り一か月間の勉強法

こんにちは! 担任助手1年の東宮です!

センター試験まであと30日! 

緊張してきた三年生もいっぱいいるんじゃないでしょうか?

残り1ヶ月、どうすごしていくかが非常に重要になってきます。

 

そこで、今日お話しするのはこちら!

「これからの学習法」

 

センター試験本番までいよいよ終盤に差し掛かってきました。

先日受けた12月のセンターレベル模試の復習は終わってますか?

まずはそこで、自己採点をし、自分が取れた部分、取れなかった部分を徹底的に潰していきましょう。

今回の模試から本番まで、もうあまり期間はありません。

その中で大事なのは、

何の勉強をするか焦点を定めることです!

 

実際に、去年私が受験生だった時、

直前期は主に理科基礎などの、センターでしか使わない科目を一気に詰め込みました。

また、国語の評論、小説も直前期に触っておきました。

現代文は、時間をかけても点数的に比例関係にならないと言われがちですが、

裏を返せば、直前期に慣れておくことで、本番高得点を叩き出すことを狙えるとも言えるからです。

 

上記の勉強法は私の一例にすぎませんが、

センターでしか使わない科目の追い込みだったり、

直前期に詰め込むことで点数に反映される科目を狙うことで

最後の最後に点数を伸ばしきることは十分可能です。

 

残り一か月間、重箱の隅をつつくように勉強するより、

得点率を上げやすい場所、また、二次試験で使う科目中心に

対策を進めていきましょう!