模試の復習の仕方 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 10月 26日 模試の復習の仕方

寒くなる一方かと思いきや、今日は一転過ごしやすい、

なんなら日差しが強いとまで感じる日でしたね。

気温の寒暖差から来る体調不良に気をつけましょう。

こんにちは!担任助手1年の宗次(むねつぐ)です!

 

さて、昨日は全国統一高校生テストが開催されましたね。

みなさんいかがだったでしょうか?

昨日受験できなかった人は、今週中に後日受験を行って下さいね。

昨日受験した人は、すぐにやらなければいけないことがありますよね、、、

 

そうです、「復習」です!

模試は復習までやってはじめて意味あるものになります。

では、どのように復習を進めていけばよいのか、話していきたいと思います。

 

1.解き直しをしてから自己採点。

例えば数学などの試験で時間に間に合わなかったとき、

解き直しをしてから自己採点をすることで

「この問題は時間があれば自力で出来た問題だったのか。」

「そもそも時間があっても自力では出来ない問題だったのか。」

自分がどこまで理解できていたのかを

より詳細に知ることができるのではないかと思います。

 

2.自己採点をしたら自分がどこで間違えたのかを確認。

もちろんですが、間違えた箇所だけでなく、

用語や公式などを覚えられていなかった、

解くまでのプロセスが自分で分かっていなかった、

文章代などでは自分の解釈が違っていた、

などなど、

自分がその問題を間違えた理由までしっかり確認してください。

 

今回の全国統一高校生テストが終わったことで、

高3生は次回の12月の共通テスト形式の模試が最後となります!

今回の模試で、自分の出来ていた点・出来ていなかった点を

しっかり確認して、今後の学習に活かしましょう!