担任助手になった理由 | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 26日 担任助手になった理由

みなさんこんにちは!担任助手2年の澤井です!!

 

ブログではお久しぶりです。

学校の勉強が大変過ぎて毎日死ぬ気で頑張っています。

 

本日のテーマは、「担任助手になった理由」ということで書いていきたいと思います!

 

 

私が担任助手になったのは今は昔、

1年前の3月末ですね。

 

生徒時代から担任助手の話は聞いていたのですが、

受験生の時は当然目の前の試験のことで頭がいっぱいだったので、

担任助手になるかどうかはあまり深くは考えていませんでした。

 

3月になって受験が終わり、

校舎長や担任助手の方々と面談した時に、

「担任助手やってみない?」と本格的にお話を頂きました。

 

お話を頂いてから自分で考える時間があり、

親とも相談しながら担任助手をやるかどうかを決めました。

 

担任助手をやるという決断に至ったのは大きく二つの理由があります。

 

①校舎長、担任助手の人と仲が良かった

自分が東進の生徒として本郷三丁目校に入った時から、

とてもフランクに接してくれて、受験期に辛かった時も心の支えになりました。

受験が終わった後に、

「この人たちと一緒に働いてみたい」

と考えて、担任助手になる決断をしました!!

 

②教える立場になってみたかった

自分がひたすら受験勉強をしていく中で、

「人に教わる」ということの大切さが身に染みました。

 

自分一人だけでは決して思いつかないアプローチを聞いたり、

一緒に苦労しながら取り組んだりしたことで得られることがとても大きかったです。

 

受験本番でもその経験を活かして乗り切ることが出来ました。

 

「今度は教える対場になって生徒と歩んでいきたい」

という思いが、担任助手への道に進む気持ちを後押ししてくれました!!

 

以上が自分が担任助手になった理由です。

とてもやりがいがあって楽しい職場で、担任助手になって良かったと思っています!

 

担任助手の方々はみんなとても優しく面白い人たちなので、

校舎に来たら是非話しかけてみてください!!

校舎でお待ちしています!!

 

合格