担任助手になった理由 塚根編 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 3月 14日 担任助手になった理由 塚根編

こんにちは!担任助手1年の塚根です。

3月なのに雪が降りましたね!

急に寒くなったので、風邪を引かないように気をつけましょう。

さて、今日は

担任助手になった理由についてお話します。

私が担任助手になった理由は3つあり、

1つ目は、自分の失敗を後輩に伝えようと思ったからです。

私は第一志望の大学に合格することができませんでした。

しかし、それには受験期の勉強量が足りなかったり、

勉強方法がよくなかったなどの理由があります。

自分が失敗してしまった分、

後輩たちには第一志望に合格してほしいと思い、

担任助手になりました。

2つ目は、部長だった経験を生かしたいと思ったからです。

私は高校のころ、吹奏楽部の部長をやっていました。

正直部活は大変だったけど、

そこで得られたことを担任助手になって還元したいと思いました。

3つ目は、将来に生きると思ったからです。

私は将来薬剤師を目指しています。

薬剤師にはコミュニケーション力だけでなく、

患者の容態を観察する力が必要です。

それらは、担任助手をやることで得られるなと思いました。

担任助手は、ほかのアルバイトでは絶対に

経験できないことが経験できるので、

どの生徒にも担任助手になってもらいたいです。

ぜひ一緒に働きましょう!