学校行事の後の気持ちの切り替え方! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 9月 28日 学校行事の後の気持ちの切り替え方!

 

こんにちは!

担任助手1年の山口です。

ついに火曜日から秋学期(東大では、autumnのAを取ってAセメスターと呼んでいます!)の

授業が始まり、105分という授業の長さに、

なかなか夏休みからの気持ちの切り替えがついていません、、、

こういう現象、特に9~10月の学校行事の盛んな時期だと、

皆さんにもよく起こるのではないでしょうか?

高校3年生はセンター試験まで残り100日と少しという、

まさに本番直前のこの時期。

低学年でも、文理選択学校のクラス分けの試験など、

勉強面でも大事な行事が詰まっていることが多いはず。

ここで勉強量は落としたくない…!!

どうやったら学校行事のあともスムーズに勉強に移行できるでしょうか?

私のおススメは、高3生は「後悔しないくらい行事を楽しむ」

低学年は「行事終了後に、一日だけ休息日を作る」ことです!

まず、以前のブログでも書きましたが、高3生は

全ての学校行事がこれで最後です。

学生時代の大事な思い出作り、あとで後悔しないためにも、

行事自体は満足いくまで思いっきり楽しんでしまいましょう!

そして次の日からは、「前日あれだけ遊んだのだから…」と

自分に制約をかけて、勉強に集中していくのです!

また、低学年の皆さんは、学校行事の中心として活動するので、

精神面もさることながら、そもそも体力的にも疲れてしまいます。

そのため、あまり無理をせず、行事の翌日はしっかりと休養を取り

自分のことを労わってあげましょう!

そして休みを終えたら、次の日からは

毎日東進に登校して、数日分の遅れを取り戻すのです!!