大学で学んでいること | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 2月 6日 大学で学んでいること

こんにちは!

担任助手2年の中島です!

 

今日のブログのテーマは

「大学で学んでいること」

です!

 

僕は

明治大学理工学部学科に

通っています。

 

数学科と聞いて、

何を学んでいるのか

何となく想像できると思います。

簡単に言えば高校より難しい数学です。

 

大学1年生の頃は、

実数の証明や集合の事などの

基礎となる範囲を学びました。

 

2・3・4年生では、

それをもとに

幾何学・代数学・解析学を学んでいきます。

 

僕が数学を学んでいる理由は、

数学が好きだから学んでいることと

将来教師になりたいから学んでいます。

 

大学では数学の授業の他に

教職の科目も履修しています。

 

教職の科目とは、

教員免許を受け取るために必要な科目のことです。

 

過去の教育方法や心理学に基づいた生徒指導の方法、

指導案の作成方法、

いじめの定義や不登校の定義などの教育界の様々な知識を学びます。

 

大学では、必修科目を履修していれば、

あとは進級単位卒業単位を満たすように

自分の好きな選択科目を履修すればよいので、

自分に合った時間割が組むことが出来ます。

 

皆さんも、大学生になったら

自分に合った授業を取りましょう!