夏休みの過ごし方 砂川編 | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2021年 8月 18日 夏休みの過ごし方 砂川編

こんにちは!

8月も後半に入り

夏休みもラストスパートの時期になりました

という事で受験生時代の私の夏休みの過ごし方を紹介します!

夏休みは普段の学校がある日と違って、朝起きてから夜寝るまで勉強をし続けることができます

だからこそしっかりと予定を決めて無駄のない夏休みを過ごさないといけません

ぜひ担任助手の一日のスケジュールや過去問の進め方を参考にしてみて下さい

 

では私のこの時期のスケジュールを紹介します

6:30 起床 校舎まで少し時間がかかるので少し早めに起きていました

 

8:00 登校 誰よりも早く来るという目標で登校していました

・毎回1,2位争いをしていました

・登校と同時に英語の小テストを貰って、必ず二回解いていました。

 

9:00 その時の一番苦手教科をとにかく勉強する

・この時は英語を勉強していました。大問別演習、高マス、参考書(ネクステージ)を交互に休みなくやる

 

11:00 気分転換

・気分転換に遊ぶわけではなく、地理や国語を勉強していました。

・個人的に地理の勉強で白地図を使う勉強がとても楽しい。

 

13:00 昼食

・この時はまだ感染症が流行っていなかったのでこの時間にグルミのメンバーと情報交換をしていました。

・皆さんもグルミなどで良きライバルを見つけましょう!

 

14:00 とにかく過去問と大問別演習

・全教科を満遍なくやっていました。

・特に大問別演習は雑に使える過去問みたいなものです。とにかく安まず解き続けました。

・全く勉強できていなかった国語でも大問別演習を人一倍やっていたら得点源になりました。

 

18:00 気分転換

・地理に飽きたら外を10分くらい歩きまわっていました。

 

21:00 閉館まで高マス

・必ず最後に校舎から出ると決めていたので、みんなが帰るまでひたすら高マスをやっていました。

 

24:00 就寝

・絶対自宅では勉強できないと自分でわかっていたので、校舎で勉強をやり切って家では寝るだけにしていました。

 

以上私の一日のスケジュールでした。

夏休みが逆転合格のカギになるといつも言われていたので

夏休みは自信をもって一番勉強したと言えるくらいには勉強しました。

皆さんも夏休みが終わって一番勉強したと自信をもって言えるように今を頑張りましょう。

 

合格