夏休みについて | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2021年 8月 14日 夏休みについて

こんにちは、担任助手2年の天野です。

夏休みも半分がすぎ、

一番気が抜けてしまう時期だと思いますが、

計画どおり学習は進んでいるでしょうか?

 

さて、本日は残りの夏休みを計画的にすごしてもらうために

①夏休みの1日のスケジュール例

②夏休み中の過去問の進め方

③モチベーションの回復方法

の3点について主に話していきたいと思います。

 

まず、夏休みの1日のスケジュール例ですが、

 

7:00 起床

8:00 朝登校

8:30~9:00 鉄壁

9:00~9:30 ネクステ

9:30~10:00 漢文

10:00~11:00 古文

11:00~12:00 倫政

12:00~12:30 休憩

12:30~16:30 二次私大過去問

16:30~20:00 数学、物理、化学問題集

20:00~20:30 化学有機暗記

21:30~00:00 大問別演習や自習

0:00就寝

 

以上のとおりです。

私は国公立理系志望だったので、

午前中に漢文、古文、英文法、

英単語、倫政の暗記をしていました。

それぞれ、30分から1時間を目安に、毎日音読室にこもって

ルーティン化していました。

お昼食べてからは、2次の過去問をとくか、

前日といた過去問の復習をし、

数学、物理、化学の問題集か、

東進のテキストの復習をしていました。

 

次に、夏休みの過去問の進め方ですが、

まずは自分が解くのにかかる時間と

復習にかかる時間を把握することが

大事だと思います。

国立理系のみなさんは、4教科の方が多いとおもうので 

8月の1カ月で10年分終わらせようとすると

1日目に英数、2日目に理科、3日目に復習

という形で進めるのがいいのではないかと思います。

 

最後にモチベーションの回復方法ですが、

私がよくやっていたのは、

自分が行きたいと思う

大学のホームページをみていました。

 

大学の入ってからのことをよく想像して、

今一番自分が頑張らないといけないと

言い聞かせていました。

また、今過去問を解いている人が多いかと思いますが

過去問などを解くときは

一喜一憂しないことが大事だと思います。

とにかく、自分を客観的にみて、

どこが苦手なのか、分析し続けましょう。

 

8/22の共通テスト本番レベル模試で

夏休みの勉強の成果をぜひ発揮してください。

応援してます!

 

 

 

合格