受験期の大変だったこと | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 11日 受験期の大変だったこと

 

皆さんこんにちは!

担任助手2年の澤井です!!

ブログでは久しぶりの登場です。

 

本日のテーマは

「受験期に大変だったこと」

ということで、

自分が受験期に苦労したことをお伝えしたいと思います!

 

 

一番大変だったことは、

ずばり「体調管理」です!

 

自分の学年は、

受験生になったタイミングで新型コロナウイルスの流行が始まったため、

受験勉強をしながら謎のウイルスに細心の注意を払う必要がありました。

 

当時はコロナウイルスが出たばかりだったので当たり前ですが、

ワクチンなんてものはなく、

学校も東進も1か月以上閉鎖してしまい、

家でひたすら学習する状況になりました。

 

学校の授業も映像になり、

思うように学習が進まない友人がたくさんいました。

 

そんな中でも、

自分は東進が映像授業で自由に学習できることを強みに、

どんどん学力を伸ばしていくことが出来ました。

 

ですが、やはり体調管理が一番ネックでした。

外出が出来るようになっても、

感染経路すらまだ明確に分かってないウイルスに気を付けながら

学校や東進に通っていました。

 

症状や対応も今一つ分からない状態だったため、

本当におびえながら日々を過ごしていた記憶があります。

 

コロナウイルス対策で常にマスクをしていたため、

風邪やインフルエンザに感染する心配はあまりしていませんでしたが、

とにかくコロナウイルスが怖かったです。

 

そんなこともあり、

自分が受験期で大変だったことは「体調管理」でした。

 

みなさんも手洗い、うがい、消毒を心がけながら、

体調には気を使っていきましょう!