共通テスト後のやる気の保ち方 ~澤井編~ | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 22日 共通テスト後のやる気の保ち方 ~澤井編~

皆さんこんにちは!

担任助手1年の澤井です!

 

1月ももう半分以上終わり、

受験生と同じく自分も試験真っ最中です(泣)

 

受験生の皆さん、同日体験模試を受験した皆さん、

共通テストお疲れ様でした!

結果が良かった人、思い通りにいかなかった人など様々だと思います。

 

しかし結果はどうあれ、

受験生の人たちはひと段落ついている場合ではありません。

 

共通テストが終わり、

私大の試験と国立の二次試験がスタートするので、

また気を引き締めていかなければなりません。

 

そこで今回は、

「共通テスト後のやる気の保ち方」

というテーマで、

自分が去年のこの時期に行っていた、

やる気を保つ方法をお伝えしていこうと思います!

 

自分が行っていたことは以下の二つです。

 

①第一志望校の過去問を解く

共通テストが近くなると、

当たり前ですが共通テストの対策がメインとなります。

 

その分第一志望校の対策を行えなかったため、

気持ちがなかなか切り替えられず、

共通テストが終わってだらけてしまったという人が毎年います。

 

そうならないように自分は第一志望校の過去問を解いてリフレッシュして、

共通テストが終わってすぐに次の勉強に取り組めるようにしていました!

 

また、共通テストと二次試験では形式が異なり、

解き方が大きく変わってくると思います。

特に、理系の人たちは

共通テストでは使わない数学Ⅲの内容が抜けている可能性が高いです・・・。

 

なので、二次試験の解き方の感覚を取り戻すという意味でも、

この対策法はおすすめです!!

 

②最初の試験日を強く意識する

これは、自分を焦らせるために行っていました。

勉強が嫌になった時に、

「最初の私大の試験まであと〇日しかないぞ・・・」

と自分に言い聞かせることで勉強を続けていました。

 

焦りを覚えると、緊張こそしますが

残り少ない期間でも気を抜かずに勉強をし続けることが出来るので、

ぜひ行ってみて下さい!!

 

以上が自分が受験期に行っていたやる気の保ち方です!

やる気がイマイチ出ない人、参考にしてみて下さい。

 

長かった受験生生活ももう終盤です。

最後まで全力でサポートしていくので、駆け抜けましょう!!

合格