リスニングの勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 5月 14日 リスニングの勉強法

こんにちは

担任助手4年の高橋です

 

さて、そんな今日のテーマは

「リスニングの勉強法」

です!!!

 

今やっている英語の勉強

単語、熟語、文法、長文読解ばかりになっていませんか

リスニングの勉強は後回しになってませんか?

 

リスニングもいまや大事な英語の勉強の一つです

なぜかと言うと、、、

英語の試験でのリスニングの比重が上がってきたからです!

今年度からセンター試験に代わり

大学入試共通テストが始まります

共通テストの英語では

200点満点中

筆記100点

リスニング100点

となりました

さらにセンターの時は2回流れていた音声も

共通テストでは1回しか流れない問題もあります

 

さらに試験だけの問題だけではなく

グローバル化が進む中で

英語の重要度はどんどん上がってきています

大学に入って、社会に出て非日本語話者と話すとき基本は英語です

英会話は話せるだけじゃなくちゃんと相手の発言を理解しなければなりません

そういった意味でもリスニングの能力が求められているのです

 

じゃあどうやったら聞けるようになるのか

まずは基本的な単語、熟語、文法を覚えることです

知らないことは何回聞いても理解できないのです

 

英語の基本を覚えた!

そうしたら後はひたすら聞くのみです

英語をはじめ語学というものに近い道はありません

これをやったらすべてOKみたいなのはないのです

 

ですから

毎日コツコツ英語を聞くことです

初めは耳を慣らすために簡単な短文から始めると言いと思います

それに慣れてきたら長文に移るといいです

 

リスニングの勉強のテクニックとして教えたいのは

シャドーイングディクテーション音読です

シャドーイング流れる音声とほぼ同時(ワンテンポ遅れて)に音読する方法です

これで英語の音になれることができます

ポイントは聞き取れないところがあったらな何度も繰り返し聞くことです

何度も何度も繰り返し聞きそれでもわからければスクリプトで確認します

 

ディクテーションは読まれた文章を書き起こす方法です

これをすることで1つ1つの音を正確に聞き取れるようになります

こちらも聞き取れるようになるまで何度も繰り返し聞きなおします

それでもわからなければスクリプトをみて確認します

 

最後は音読です

音読することで英語を英語のまま理解する練習になります

そうすれば英語を聞いたときに聞いたまま理解できるようになっていきます

 

とにかく大事なのは

とにかく聞いて、正しく理解して、自分も発音してみることです

そしてそれを繰り返し続ける継続力です

最初はできないことが多く大変だと思いますが

聞き取れるようになると楽しいこともたくさんあります

そして必ずやったぶんだけ成果が出ます!

なので毎日コツコツ英語を聞いてリスニングを得意科目にしましょう!!