テスト前の社会の勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 6月 15日 テスト前の社会の勉強法

 

こんにちは!担任助手1年の梁瀬です。

そろそろ学校のテストが近づいてきた!、という人もいるのではないでしょうか?

ということで、今回のテーマはテスト前の社会の勉強法です!

社会は「暗記科目」と考えている人、結構多いのではないですか?

この間違った認識が点数の伸び悩みを生む一つの原因です。

もちろん細かい知識事項を覚えて行く作業も必要なのですが、

それ以上に大事なのが、

歴史の流れや出来事の背景、意義をしっかりと理解すること!

これを意識すると、内容が細切れのままの暗記ではなく、流れを持った理解になります。

 

僕が受験生時代に実際にやっていた勉強法としては、

まずは教科書を読み込んでおおまかな流れをつかむ

次に一問一答や問題集を使って知識を増やす

そして最後に、図表で写真や地図、年表を見ながらさらに理解を深めるというものです。

参考にしてみて下さい。

 

ほかにも色々な方法がありますが、一度深く勉強したことは頭の中に定着しやすいです!

定期テストのためのその場しのぎの勉強ではなく

後々の受験勉強でも生かせるような勉強をしていってください