センター国語を素早く解くコツ | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 10月 22日 センター国語を素早く解くコツ

こんにちは、担任助手2年の梁瀬です!

今日は即位礼正殿の儀が執り行われました!

いよいよ令和の時代が始まる感じがしますね。

新たな時代が始まる一方で、

センター試験はいよいよラストです。

というわけで、今日のテーマは

センター試験、とくに国語の攻略法について

紹介したいと思います。

センター試験の国語は

試験時間80分

大問4題 (評論、小説、古文、漢文)

で構成されています。

センター試験の過去問を解いたことがある人なら

わかると思いますが、試験時間80分でこの問題数を

ミスなく解き切ることは至難の業です。

なので戦略をもって試験に臨むことが不可欠になります。

ここでは2つの戦略をご紹介します!

戦略① 時間配分を明確にすること

戦略② 古文漢文で高得点を狙うこと

①については、シビアな時間制限の中で、どの大問に何分かけるのかを決めておくことは

時間をかけてでも解くべき問題とそうではない問題の

優先順位をつけることのも繋がります。

一般的には

評論20分、小説25分、古文20分、漢文15分

というような時間配分でしょうか。

次に②についてです。

センター国語において、古文と漢文は

比較的対策がしやすい分野と言われています。

古文であれば、古文単語・古典文法・古文常識

漢文であれば、語彙、句形

これらをしっかり押さえることで高得点を狙うことができます。

古文漢文の基礎事項を完璧にしたうえで過去問演習を積んで

スピードアップをはかっていきましょう!