センター前の数学の勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 8月 21日 センター前の数学の勉強法

 
 
 
 
こんにちは、2年担任助手の中島です!
 
今回のブログテーマは
 
「センター前の数学の勉強法」
 
です!
 
数学の勉強法として、一番重要なのは…

過去問を解くこと

です。

ありきたりですが、これがとても大事です。

理由① 問題の傾向を知る。センター試験の数学は、マーク式問題の性質上、独特で毎年同じような問題構成でとなっています。そのため、センターの問題を対策するにはセンターを解くのが一番なんです。そして傾向を知り、どういう問題が出るのか把握しておくことが必要です。

理由② 自分の苦手な部分がわかる。苦手な部分が知れれば、あとは簡単。問題演習等で潰しましょう。

理由③ 時間配分を知る。センターで高得点が取れない生徒の大半は、時間が足りないと言っています。 解ける問題と解けない問題の見極めから、大門毎に何分使うのかまで、徹底して自分に適した時間配分を見つけて下さい。

今回は、センター試験の数学についてお話ししましたが、数学全般で大事なことは、

とにかく解くこと。毎日触れること。

たくさん問題を解いて、たくさん計算して、そして同じ問題なら完璧に解けるようになるまで復習すること。

遠いようでこれが一番の近道です。むしろ、これを避けて通れません。

最初は全然出来なくて自信がなくなるかもしれません。でも、続けることに意味があります。

あなたが計算でつまずいた分だけレベルアップしています。自分を信じて頑張って下さい。

そしてセンター試験本番レベル模試で是非、自分の実力に挑戦してみてください。