なりたい自分像を明確に持ってみよう | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 2月 14日 なりたい自分像を明確に持ってみよう

こんにちは~ 担任助手の木暮です。

ここ数日、気温の寒暖差が激しいですね。

冬と言えばやはり「きりたんぽ鍋」と私は確信しています。

そんなことは本当にどうでもいいのですが、

皆さんは自分像を持っていますか?

自分像とは、簡潔に言うと

自分が将来どのような人間になりたいか

そのためにはどのように実現させていくのか

という手段について、明確な目標を持っている状態です。

実は、将来にむけて自分像を明確に持つ必要があります。

たとえば、就職の際に面接をします。

その時、面接官に「あなたはなぜこの会社を選んだのですか?」

「あなたは将来、どのように成長していきたいですか?」

などのように質問されることが多いと思います。

その際に自分が描いている未来を

自分の言葉で相手に伝える必要があります。

しかし、自分像を明確に持っていないと

あやふやな回答をしてしまったり、

自分自身でも「私は今何を言っているんだ…?」

というようになってしまいます。

自分の将来のなりたい姿をイメージすることで

今何をすべきなのかもはっきりとしてきます!

私は小学校の教員になり

「子ども全員が力を発揮できる学校環境を作るために、1人1人の子どもの理解を深められるように

大学生活で学び続ける」

という自分像を持っています。

皆さんも自分像を明確に持って

勉強や部活を頑張ってください!