受験期の過ごし方【中島編】 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 2月 2日 受験期の過ごし方【中島編】

こんにちは!

担任助手二年の中島です!

 

今日は

「受験期の過ごし方【中島編】」

ということで、

僕が二年前に

どのような受験期を

過ごしていたのか

紹介します!

 

僕は受験校が多く、

最大3日連続で受験しました。

2月1日~2月15日間で、

10日間!受験しました。

そんな多忙な2月の受験期でしたが、

僕は毎日東進に通うことを怠りませんでした。

受験がある日も、テストが終わり次第、

校舎に向かいました。

 

校舎が勉強をする最適の場だと思っていたので、

どんな日でも校舎に向かいました。

 

校舎で何をしていたかというと、

その日の試験の復習です!

 

その日の試験の問題が

翌日の試験で出題される可能性も

あるわけですから、

その日の問題はその日のうちに

復習するようにしていました。

 

あと、人と会話したかったからです。

担任助手と会話していると、

落ち込んでいるときは元気がでて、

緊張しているときはリラックス

することができました。

受験期は人と会話する頻度が減り、

悩んでいることを一人で

抱え込みがちです。

そのため、

人に想っていることを

打ち明けることが大切だと思います。

生徒の中で、

担任助手がそんな存在に

なれていれば、

僕は嬉しいです。

 

校舎に通い続けるメリットはあると思います!

是非、試験があった日も

校舎に通いましょう!