世界史の勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2019年 10月 21日 世界史の勉強法

こんにちは、担任助手2年の梁瀬です!

ラグビー日本代表の快進撃が

遂にストップしてしまい

なんだか心にぽっかり穴が開いた感じがします。

 

さて、そんなことはおいといて、

今日のテーマは「世界史」の勉強法についてです!

世界史の勉強をする時に一番意識したいのが

「物事の流れ、因果関係」

です。

 

世界史、覚える量が多すぎて

全然暗記が追いつかないから苦手!

という人も多くいると思いますが、

そういう人は覚えることを

細切れにし過ぎているのではないでしょうか?

 

事件Aが起きた

(Aによって統治体制X が崩壊して)

Y という統治体制が成立した。

 

というような流れを意識した勉強ができれば

用語の意味の理解も深まっていくと思います。

 

時間的余裕がある人は

一連の流れを様々な側面から

勉強すると理解度の向上に繋がります。

例えば、フランス革命を

政治経済文化の各面から

意義まで含めて流れを追う、などです。

 

ぜひ今後の勉強の参考にしてみて下さい!