直前期にやっていたこと~五島編~ | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2021年 12月 28日 直前期にやっていたこと~五島編~

こんにちは!!

担任助手1年の五島です。

 

もーいくつ寝るとーお正月ー、の歌が各所で聞こえてくる時期になってきました。

受験生の皆さんは今が1番の頑張りどき、

高2生の皆さんは受験勉強スタートダッシュの大事な時期ですので、

年末年始のテレビ番組も楽しみですが、勉強を頑張りましょう!!

 

さて、今回のテーマは「直前期にやっていたこと」です!!

直前期はやりたいことに追われてしまい、

何から手をつければいいか迷ってしまう人も多いと思います。

ですが時間は限られていますので、

それらの中で優先順位をつけて取り組むことが重要です!!

今回は特にやるべきこと 選を紹介していきます。

 

①自分の苦手分野を潰せるだけ潰す

この時期は、苦手な分野から目をそらして得意な分野を完璧に

しようとする人がいますが、それでは大幅な得点UPは望めません。

例えば、既に8割取れる科目は伸びたとしても1割程度ですが、

5割しか取れないような苦手科目であれば克服することで更なる得点アップに繋がります。

自分の苦手分野と見つめ合ってそれをできる限り潰すことで、

得点UPはもちろん自信にもつながっていくと思います!!

 

②今こそ基礎の再確認

今まで共通テストの演習を行ってきたのに点数が低い人に

ありがち共通点としては基礎が完璧になっていないという点が挙げられます。

基礎は簡単なことであるようで一番重要な事項なので、

少しでも欠陥があると点数は安定しません。

そのため、直前期の今こそ基礎を再確認してみてください!!

しかも、共通テストは基本的に高校で学んだ事から出題されるため、

難易度の高い問題はそこまで出ません。

難易度の高い問題に悩まされるよりも基礎を完璧にすることに時間を使って欲しいです!!

 

③本番をイメージした共通テスト過去問演習

やはり今の時期は、共通テスト演習を本番さながらの雰囲気で味わうことが重要です。

周りに人が常にいることをイメージして、本番と同じ時間割で解く、

本番と同じ文房具を使う、本番と同じ昼食をとる

などとにかく本番のイメージトレーニングをして下さい。

そうすることで本番で自分の実力を100%出すことが可能になります!!

誰よりも対策を打つことで誰よりも自信を持って試験に挑んでください!!

 

直前期の今、受験生の皆さんは全力で頑張ってください!!

担任助手一同応援しています!!

 

 

 

合格

 

過去の記事