模試で失敗した時の立ち直り方 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 11月 8日 模試で失敗した時の立ち直り方

こんにちは~ 担任助手の木暮です。

冬の寒さが一段と厳しくなってきましたね。朝、布団から出るのもためらうくらいの寒さですね(笑)

私は毎朝、暖かいお味噌汁を飲んで、ほっかほかの状態にしています。

そんなことはどうでもいいですが、全国統一高校生テストの帳票が返却されてきていると思います。成績が上がった人もいれば、残念ながら失敗してしまい、ひどく落ち込んでしまっている人もいると思います。

今日は「模試で失敗してしまった時の立ち直り方」について話したいと思います。

夏休み以降毎日必死に勉強量を積み重ねてきたのにもかかわらず、模試で失敗してしまうことはとても悔しいですし、落ち込むと思います。

私も10月の模試で大きく下がってしまい、絶望的な状態でした。

しかし、私は大きく2つの方法で立ち直ることができました。

①できなかった部分を確実に復習する

模試が返却された後すぐに復習することはもちろん当たり前です。しかしただの作業の形になってしまうと効果は大きく薄れてしまいます。

そこで私は徹底的に復習し、できた喜びを噛みしめ、次同じタイプの問題が出題された時に絶対に間違えないよう心掛けるとしました。

このように考えることで、「間違えて点数が落ちた部分」ではなく「間違えたことによって今後一切間違えなくなった部分」とポジティブになることができます!

②できた部分はできたと喜ぶ

これは日本人らしいといえばそうなんですが、できなかった部分のことばかり反省して、できた部分を全く喜ばない人が多いと思います。

しかし、できた問題というのは少なくとも勉強した成果が出ている部分なので「成功だ!」としっかり喜ぶことで自信にもつながります!

以上のことを参考にして、今まだ落ち込んでしまっている人はすぐに立ち直って次の模試に立ち向かいましょう!!

スタッフ一同、全力でサポートしていきます!!