担任助手ってなんなんだ? | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 6月 11日 担任助手ってなんなんだ?

こんにちは。
東進ハイスクール本郷三丁目校校舎長の小四郎丸です。

今日は新宿にて、担任助手全体研修が実施されました。

担任助手全体研修とは、東進ハイスクール全校の全担任助手と全校舎長が一堂に会し、より良い学習指導ができるようになるために行う研修です。
その研修会の場で、本郷三丁目校の小林響担任助手が、高12生の学習指導部門、全担任助手中4位の成績で表彰されました!!

↑小林響担任助手と、担当するグループのグループ長↑

部活をしながら東進に来ている生徒8名のグループの担当で、忙しい中でもしっかりと本当に学力を伸ばすための学習量を稼ぐことができている、ということの証左ですね!
小林担任助手だけでなく、東進ハイスクール本郷三丁目校のスタッフ全員で、最高品質の指導をご提供していきます!

そもそも担任助手ってなんなんだ?

さて、今日のテーマは担任助手ってなんなんだ? ということ。
東進にまだ通っていない人には耳慣れない言葉かもしれません。
簡単に言うと、東進で頑張って勉強して、大学に進学して、その経験を活かして後輩たちの第一志望校合格のための指導をするスタッフです。

主な業務はグループミーティングとその他の教務指導、校舎運営業務、新規生徒募集活動などなど、多岐にわたっています。
法律上の業態はアルバイトなのですが、正直私は担任助手のみんなの事をアルバイトとしては見ていません。

一人でも多くの「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」を育成したいと思う同志だし、
私の大切な生徒の指導の一端を預ける同僚だし、
でも社会に出る前にそんじょそこらのバイトではできない圧倒的な成長を遂げさせたいと思う人生の後輩です。

「担任助手は東進の最終学年」なんて言ったりします。
本当に、担任助手って大変だろうな、と思うこともしばしば。だって、生徒がなかなか勉強してくれないって言って、本気で悩んで、時には涙しながらも、それでも生徒のために全力を尽くすんだから。

東進外の人によく言われます。
「所詮大学生に指導を任せて大丈夫ですか?」
私はこう答えます。
「そこらの大学生なら不安ですが、東進の担任助手なら大丈夫です。なんなら私が指導するよりいいかもしれないです」
って。

生徒の皆さんが第一志望校に合格したとき、たぶん最初にそれを報告するのは、グループミーティングを担当してくれた担任助手に対してでしょう。
担任の私じゃなくて……。
でも、それでいいんだと思います。

東進生が第一志望校に合格するための秘訣は東進コンテンツをフル活用すること。
その東進コンテンツの中で最も力を持っているコンテンツは担任助手です。
担任助手、そして私たち社員も使い切って下さい。
私たちのすべては君たち生徒のためにある。

第一志望校合格に向けて、一緒に走っていきましょう!

ではでは!

追記:「来年この子たちが担任助手になって、一緒に働けたら楽しいんだろうなぁ」とか考えながら、生徒の皆さんと話をしたり、しているんですよ。実は。