得意だった科目の勉強法 西山編 | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2021年 10月 12日 得意だった科目の勉強法 西山編

 

こんにちは、担任助手2年の西山真輝です。

今回は得意だった科目の勉強法という事で、自分の得意科目だった世界史についてお話したいと思います。

自分流の世界史の勉強方法を挙げますので、参考になれば幸いです。

 

①教科書を読む

「この名前聞いたことあるな…」

というレベルが最低限となるくらい、教科書を読んでみましょう。

読むだけでいいので、そこまで苦ではないかと思います。

 

通史の問題集を解く

通史の問題を解くと、自分の分からない箇所が明確に分かります。

間違えてしまったところのみ2周、3周としていって、世界史の基盤となる知識を埋めていきましょう。

間違えてしまったところは教科書を見直したり、用語集を見ることがおススメです。

 

③過去問・問題集を解きまくる

問題を解きまくって、復習をしましょう。

この時のポイントは、何と言っても用語集を参考にすること

用語集はとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、実は関連する用語で並んでいて、

間違った単語の周りを眺めるとその関連する内容が覚えられます。

また見るだけなのか、と思うかもしれませんが、暗記は回数です。

日数もあるとさらに良いです。

問題を解くうちに用語集に書いてある内容が何となく入ってきます。

これが高みへ達した時、点数の壁を突き抜けることが出来ると思います。

 

世界史はこれぐらいでいいやと思うのではなく、是非高みを目指してほしいと思います。

勉強は時間が全てではありません。

もちろん時間も必要ですが、勉強する前の見通しも重要です。

 

しかし計画は、少しはやってみないと中々勝手がわかるものではありませんよね。

なので、やりながら考え、修正を繰り返して下さい。

自分が考える、学ぶこと全てにあてはまる考えだと思っています。

頑張って下さいね!

 

合格