定期テストとの両立――両立は「あたりまえ」です。 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 2月 23日 定期テストとの両立――両立は「あたりまえ」です。

三木です。定期テスト期間に入った生徒も多いと思います。

最近「定期テストが忙しいので、受講はできません。。。」よく聞く声です。

多くの方に読んでいただきたいので、心を鬼に、ブログですがあえて書きます。

気持ちを込めて書きます。でもだからこそ、愛情だと思って受け取ってください。

僕が問いたいこと。それは、

定期テストが忙しい【ので】、受講はできません。。。「ので」に果たして合理的な因果関係があるのか、と。

 

大学受験って、誰のためにやるものでしょう?

担任助手のため??学校の先生のため??「勉強やれ」と言ってくれる人のため??

一部、それもあるかもしれません。でもね、基本的には、

自分の人生を切り拓いていくためにするものです。

どんな時代でもたくましく生き抜いていく力を養う、その第一歩としてするものです。

(厳しいことを書きますが)余裕で受かれるという状態にない限り、

定期テストと受験勉強を両立するのはあたりまえです。

時間、ほんとうにないんですか?

「忙しいから受講はできません」普段、定期テスト期間に受講量が減ることを見越して、学習量を多く確保している生徒には、そこまで厳しいことを言いません。

普段の学習も中途半端で、定期テスト期間になったら、さらに学習量が落ちてしまう、そういう生徒には、心を鬼に、厳しいことを言います。

たしかに言い分もわかる。

でも、それに対して上のような言い訳を答えるようでは、いけません。

言い訳ばかり作っていては、将来の自分の首を絞めるだけです。

もし、本当に定期テスト期間中に持てるすべての時間を定期テストに割くしかないのなら、、、100歩譲って

テストが終わったとたんに、本気で持てる時間のすべてを受験勉強に充てること。

楽しいこと、あると思います。勉強よりカラオケやお買い物や、、、誘惑があると思います。

でも、一度「大学受験をやる」と志したのであれば、その宣言に恥じぬ努力をしよう。

みなさんなら、できるはず。

期待しています。