国立入試に向けた心構え | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 2月 20日 国立入試に向けた心構え

こんにちは!

農工大1年の田中です!

暖かくなったり寒くなったり寒暖の差が激しいですが、受験生は体調にはくれぐれも気を付けて、最後の入試まで頑張りましょう!

さて、国立入試が始まるまであと5日と迫ってきました! 1週間後には国立前期試験が終わっていると思うと、本当にあっという間だと感じますね… 

ということで今日は、国立受験者に向けて「国立入試に向けた心構え」をお伝えさせていただきたいと思います!

「心構え」と言いましたが、国立入試も私大での入試とそこまで大きくは変わりません! その慣れのために私大を受けた人も多いはずです。ただ、私大入試とは異なるところがあるのも事実です!

まず、「第一志望校」として受けている人がほとんどだろうということです。

もちろん、私大を第一志望校に設定している人も多いと思いますが、前述したように国立志望で私立を受験する生徒が多い一方、その逆は(ほぼ)ないと思います。

それによって何が変わるかというと、ズバリ会場の雰囲気です!

受験者数は私大より少なくても、皆そこに全力を懸けてきているわけですから、当然私大以上にピリピリした雰囲気になります。それに第一志望校であるということが伴って、他の入試よりさらに緊張しやすくなりやすいです!

ですから、当日は他の入試とは異なる緊張感に襲われるかもしれないということを覚えておいてください!

 

当日の心構えは分かったけど、これからの5日間がつらい…という人も多いかもしれません。。

私も昨年のこの時期は、周りの友達が合格を決めて受験を終えていく中で疎外感を感じて精神的に辛かったです。

しかし、泣いても笑ってもあと数日間。
ここで諦めてしまっては今までの努力が無駄になるし絶対に後悔が残る、そう思って頑張っていました!

集中力が切れる時も頻繁に来るかもしれませんが、

他の勉強に切り替える、少し歩いてリフレッシュするなどして切り抜けましょう!

大切なのは、何もしない無駄な時間を無くすことです!
 

校舎長・担任助手共々全力でサポートします!

残りの5日間全力で頑張りましょう!