古漢の点数を伸ばすための勉強法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 11月 9日 古漢の点数を伸ばすための勉強法

こんにちは!担任助手の小林です。

本日はここ数日の中でも一段と寒かったですね、、、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。手洗いうがいなどを徹底して元気に頑張りましょう!

 

さて、みなさん先日の全国統一高校生テストいかがでしたか?

思うように点数が伸びた人、そうでない人といると思いますが本日は古文・漢文の勉強法についてお話したいと思います。

古文:センター試験の古文は年によっても違いますが、簡単というわけではありません。ですので、センター試験レベルの問題を回答する力は私大二次試験レベルの問題に必ず生きてきます。

ではまず、何から手を付ければよいのか?ズバリ古文単語の修得です!!

英語も同様ですが、まず単語が分からないと文章を読み進めていくことが出来ません。単語の意味を覚えた上でその文章における細かい意味やニュアンスが理解できるようになります。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、この過程を踏まずに文章をいきなり解こうとし解けずにつまずく人が沢山います。ですのでまずは地道に古文単語を覚えることから始めましょう!

 

漢文:センター試験の漢文のレベルはそこまで高すぎるというわけではありません。センター試験国語大問4つあるうち最も短時間で確実に点数を取れる分野です。と言うのも、漢文は現代文などと異なり回答者による解釈の違いが出ないからです。

漢文は句法に則り正確に訳す事さえできれば選択肢で迷わなくて済むからです。

と言うことで、漢文を学習する際には句法を覚えることが重要です。一見難しそうに見えて嫌煙されがちな漢文ですが見た目に惑わされず、句法に則り一文ずつ訳していくことを心がけていきましょう!

 

以上の二点が古文・漢文の点数を上げる第一歩です。古文にしろ漢文にしろ文章が読めるようになると楽しいと思えるようにもなってきます!やれることからコツコツ頑張って行きましょう!