効率のいい暗記の仕方 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 9月 7日 効率のいい暗記の仕方

こんにちは!

担任助手一年の新木です。

最近は雨が多いですね~

台風もあったり、ゲリラ豪雨のような雨も多く、

夏の暮れ感を感じながら日々生きてます・・・

 

さて、

今日は効率のいい暗記方法、ということですが、

正直なところ、そんな便利な方法ありません!

あったら私も知りたいです…

 

 

しかし、

暗記にかける時間を短くする工夫はできます。

 

暗記で重要なのは

何度も繰り返して触れる回数を増やすこと。

 

つまり、

一日あたり五分でも、

毎日触れていれば覚えられるはずなのです。

初日は時間がかかるかもしれませんが、

覚えれば覚えるほどかかる時間は短くなっていくはずです。

 

暗記の仕方は書いて覚える人や読んで覚える人など

人それぞれだと思うので、

自分が一番覚えやすい方法を探してみてください!

 

高速基礎マスター講座も

初めは知らないことだらけで時間がかかると思いますが、

毎日500問くらいやっていれば

だんだんテストにかかる時間も減るのではないでしょうか。

(95%正答率にするまで受ける回数が減るので!)

 

毎日少しずつでも継続することが大事です。

毎日登校して、来たらまず暗記科目、

帰ったら寝る前にその確認、

なんてルーティーン化してしまってもいいかもしれません。

 

ぜひ一緒に校舎で頑張りましょう!!