併願校の過去問は何年分やればいいの? | 東進ハイスクール 本郷三丁目校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2020年 11月 26日 併願校の過去問は何年分やればいいの?

11月も終わりに近づいてきましたね!

一日一日を大切にこれからも過ごしていきましょう!

 

さて、今日のテーマは『併願校の過去問は何年分やればいいの?』です!

第一志望校の過去問については昨日のブログでもあった通り、10年分必ずやり切りましょう。

その上で、併願校については、

第2志望校:5年分

第3志望校:3~5年分

第4志望校以降:2~3年分

くらいが目安です。ただし目安なので、絶対〇年分やらなきゃと焦る必要はありません!

形式に慣れるためにも最低2,3年分は解いてほしいですが、過去問は、復習が何より大切です!

解けなかった問題は必ず、なぜ解けなかったのか、

解けるようにするためにこれから試験日までに何をどれくらい学習する必要があるのかを考えて、実行に移していくことが重要です。

 

復習の時間も十分にとれるような過去問スケジュールを立てましょう!