二次過去問を始めよう! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 9月 3日 二次過去問を始めよう!

こんにちは!

担任助手1年の丸山です。

 

9月になりましたが、まだまだ暑いですね…

変わりやすいお天気で、体調も崩しやすいので気をつけてくださいね。

体調が悪いと、せっかく立てた予定を達成することができなくなってしまいます。

くれぐれもご注意を!!

 

さてさて、今日の本題に入っていきましょう!

今日はタイトルにもあるように、2次過去問のお話です。

2次過去問をするにあったっての注意をお話していきたいと思います!

 

《!二次過去問を解くときの注意!》

試験場と同じ環境を作る

 過去問を解くときは、試験会場と同じ環境を作ってから解き始めましょう!

 机の上には筆記用具と問題用紙、解答用紙だけを置き、適度な緊張感を持って受験しましょう。

 

時間を正確に計る

 時間は正確に計りましょう。時間を延ばして解いても、自分の今の実力を計ることはできません。

 入試本番と同じように時間を計り、採点をしましょう。

 もし、時間を超えて全て解くのであれば、時間を区切ってオーバーした時間も計っておきましょう。

 

過去問を解く順番を考える

 第1志望の過去問を10年分×3周するのはもちろんですが、第一志望の大学の過去問を解くのにはまだまだ大変だと思います。

 なので、第1志望校1年分を解いてみて、復習をして、自分の実力を知ったら、そのまま2年、3年分と続けていくのではなく簡単な大学の入試をやってみてください。

 第8、第9志望などの簡単な入試問題をから解いてみて、段々とレベルアップさせていきましょう!

 そして、第8、第9志望の大学の入試問題をやったことのないまま入試本番を迎えることの無いようにしましょう!

 

色々とお話をしてきましたが、体調に気をつけつつ、学校の勉強と大学受験勉強を両立していけるように、一緒に頑張っていきましょう!

何か困っていることや、分からないことがあれば相談しにきてください!

校舎でお待ちしています!!