サイエンスセミナーってどんなもの? | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2016年 9月 7日 サイエンスセミナーってどんなもの?

みなさん、こんにちは!

担任助手1年生の小田切です‼︎
生徒の皆さんは夏休みが終わっても毎日登校して勉強を頑張っています!
 
さてさて、本日は東進ハイスクールの数あるイベントの中から、「サイエンスセミナー」をご紹介したいと思います!
 
サイエンスセミナーとは…
 「東進ハイスクール」「東進衛生予備校」に通う東進生を対象に、永瀬賞受賞の研究者から『高校生に向けた特別講義』といてご講演いただく場です。
 受賞のきっかけとなった研究成果や研究がもたらす社会への影響などをなどを中心にご講演いただくと同時に、日本の将来を担う役1,000名の高校生たちに向けてエールが贈られます。
 
「永瀬賞」とは…
 2011年に設立。「フロンティアサロン」の活動を支援するもので、世界を牽引し、人類の未来への貢献に繋がる研究に取り組む若き研究者に年1回贈られる賞です。
 
 要するに、どんなものかというと、日本のトップレベルの研究者の方々が時間をとって、高校生にもわかるように説明してくれる、ということですね!
 
 今回の講演は、名古屋大学院教授の伊丹健一郎先生と慶応大学准教授の牛場先生です。
 
 どちらも日本トップの研究者の方です!
 
会場は帝国ホテル2階「孔雀の間」!日本トップのホテルが会場です‼︎高校生が滅多に入れる場所ではありません…
 

恐らく一生に一度の機会です!

みなさん奮って参加しましょう!