【成績を伸ばすには?】「目的意識」を持とう! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2015年 9月 19日 【成績を伸ばすには?】「目的意識」を持とう!

少し長文です。でも大事。(読了必要目安:5分間)

全国の皆さんこんにちは。三木です。ミキハヤタカです。

このブログを見ている少なからぬ数の子が、「成績どうやったら上がるんだろう・・・」こう考えているんではないでしょうか。

(あっちなみに「少なからぬ数の―子」です。「少なからぬ―数の子」ではありません。)

同じくらいの時間、同じ教材を使って勉強しても、成績が伸びる生徒と、苦戦を強いられる生徒がいます。

何が大きな原因なのでしょう?――好き嫌い?センス・・・?考えて!

 

どれも原因であるという可能性もたしかにあるにはあるでしょう。まあね、嫌いだったら頭に残らないかもしれないね。いや、そもそも「やる気」が出なければ続かないだろうね。

で、よくHRなんかで話すのは、「やる気が出る」ための話ですね。「将来の夢や志」これがなければやはりつらい大学受験はがんばりにくいのだと思います。し、大学を将来のための第一歩にするためにも、それはとても大事なコト。

 

でも、今回はこういう話は(重なるので)据え置くとして、多くの生徒を見ている中で、

「同じくらいの努力量でも、成績が伸びやすい子と、時間がかかる子がいる」

ということをよく感じます。せっかく頑張っているのに、、、なんとかしてあげたい!いつもそう思っています。

 

で、この差は何で生まれるのか、すなわち「成績が上がる」において差となる一番の原因は何か、これを今回のテーマとします。

 

それはスバリ・・・「目的意識」(の有無)

実際のところ、勉強が好きか嫌いか、センス(?)があるかないか、などは、少しの差を生むかもしれませんが、致命的な原因とはなりません。

嫌いでもできる人はできる。センス(?)がない人も然り。

でも、「成績が上がる人」には必ずあるもの・・・それが「点数を上げようという目的意識」

 

はたして勉強する際、これをきちんと意識していますか?(「成績が上がったことがある人」にとっては「当たり前でしょ?」と言われてしまうかもしれませんが・・・)

たしかに、みなさんが使っている教材は、非常に優れています。音読だって効果的。というより、やっても何も力がつかない教材などない。

でもね、よく考えてください。

「受講」で何を身につけようとしているのですか?

「音読」で何をできるようになろうとしているのですか?

「英語ができるように、だよ」なんていう、ザツな答えはやめてくださいね(笑)。「英語」の何を身につけようとしているの?「音読」と「受講」両方やるのはなぜ?それぞれでどんな力をつけるの?

よく考えましょう。

 

たとえば「現代文」。東進の先生は「日本一」。たしかにそれはそうで、否定はしません。でも、【受ける側が】ただ受身的にそれをやっているかどうかで、やはり成果に差が出る。

現代文のテキストに出る文章、まったく同じものが入試に出る可能性はほぼありませんね。(似た内容のものが出る可能性は大いにあるかもしれないけどね。)

じゃあ、現代文の授業を通して【あなたが】身につけようとしているものはなに?

――そうそう、それ。「【初見の】文章を読んでもきちんと読みこなせる力」ですよね。ということは、【初見の】文章を短時間で読みこなす力を、【既存の】文章を使って学ぶ必要がある、そうなりますね。これを考えて受講できていますか?

 

たとえば「英単語」。「すぐ意味が出てくるまでやる必要ありますか?」などと聞いてくる子が少なからずいます。というより、多くいます。

たしかに訊かれたら答えますが、その前に、ちょっと考えてみましょうよ。

大学入試の「英語」は、ほとんどが「長文問題」。じゃあそれが読めるようになることがゴールですね。仮にセンター英語の場合。難関大学を目指すなら、9割くらいはとらなきゃダメだよ、というような話はみんな知っているはずです。じゃあ9割とるには?長文を2回読んでいる時間はあるでしょうか?

ちょっとイジワルな訊き方をしましたが、「頭から1回で文章を理解していく力」これが絶対不可欠ですよね。じゃあ、単語はどの程度の理解が必要?少なくとも、「見てもすぐには意味がわからない」そんなレベルでは、文章を読むときにつっかかっちゃいますよね。(答えはいいませんよ(笑))

 

こんな風に、

「これをやることで自分は何を身につけようとしているのか」、

「先生はこの授業でどういう力を養ってもらおうと思っているのか」

はたまた

「(そもそも)この単元をこの科目で学ぶのはなぜか」

といった、『目的意識』は、「成績を伸ばす」うえでは絶対に不可欠です。

 

受身的学習ではなく、目的意識を持った学習を。

やってる人はやっている。もし今までこれを見失っていたとしたら・・・。せっかく勉強しているのにもったいない!

これこそが、あなたが「成績をのばす」一番の秘訣なんです。

 

怖い話をしましたが、みんなに成績を伸ばしてもらいたいと思っている、その愛情だと解釈してね(笑)

長文でしたが、読んでくれてありがとう。なにかの助けになれれば幸いです。

本郷三丁目校 担任助手 三木