高2の春休みに取り組むべきこと | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 3月 24日 高2の春休みに取り組むべきこと

こんにちは!担任助手の小林です。3月も残すところ1週間となりました。新学期を控え皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

今日は新高3生になるみなさんに是非取り組んでほしいことをお話したいと思います。

新高3生の皆さんにとってこの時期は大変な時期だと思います。部活を頑張っている人は最後の大会に向け部活に明け暮れていることでしょう。

また、そうでない人も学校行事などの準備等で多忙な日々を過ごしているでしょう。高校生活最後の大一番に向けて悔いの無いように頑張ってください!!

ですが、部活や行事が一通り終わった後にいざ受験勉強を始めようとしても、何の前準備も無い状態でいきなり効率的に勉強するのは非常に難しいことです。

何事にも共通して言えることですが、段階を徐々に踏んでいくことは非常に重要です。

そこで、皆さんに取り組んでほしいことが2つあります。1つは今のうちから勉強習慣を身につけること。もう1つは受験科目の核となる部分を定着させていくということです。

勉強習慣を身につけるということは一朝一夕に成し得ることではありません。質のよいスケジュールを立てる力と予定通りに実行する力が必要です。これは実際に自分で予定を立てていくなかでしか培えない力です。春休みのうちから効率のよい予定立てとそれを実行していく力を養っていきましょう。

受験勉強の核となる部分を定着させるということはいわゆる基礎基本を定着させるということです。基礎基本と聞くと簡単なイメージをもたれる人がたまにいるのですが、決してそんなことはありません。

基礎基本というのは簡単な問題から難しい問題にも通ずる重要な部分のことですので、最も確実に覚えておかなくてはならない事項を指します。重要な部分こそ時間をかけて反復練習を繰り返し確実に自分のモノにする必要があります。なので、今のうちから取り組む必要があるのです。

 

以上が新高3年生になる皆さんに取り組んでほしいことです。忙しい今だからこそ周りの人に差をつけるチャンスです。ここで人一倍頑張ることができるかどうかが後々大きな差になって来るでしょう。皆さんの春休みの頑張りに期待しています!!