高校生レベル記述模試とは? | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 7月 4日 高校生レベル記述模試とは?

こんにちは!担任助手1年の宮崎です!

皆さん試験が始まっているでしょうか?がんばってください!

 

さて、7月16日に高校生レベル記述模試があります!

この模試は、

「本番には記述問題があるけど、難関・有名大模試はちょっとレベルが高すぎるかな…」

という高2生以下でも受けられる、正に、

 

痒いところに手が届くような模試なのです!!

 

勿論、記述模試ですので、センター試験のマーク式に比べて、応用力が必要です。

応用力とは言っても、英文や論説文を理解する過程には違いがありません。

問われるのは、その理解した物を自分の言葉で表現できる力です。

選択式の問題だと、「何となくこれっぽいな~」で答えられてしまいますが、

記述問題だとそうはいきません。

正しく本文と問題文を理解した上で解答しないと◯が貰えないですからね。

 

記述する際気を付けて欲しいのは、ちゃんと問題文で問われている事を答えられてるか、ということです!

問題文をよく読まずに解答して、頑張って書いたけど的外れだった、なんて悲しいですからね(体験談)

理論的には正しいことを書いていても、求められている答とずれていれば、当然ですが得点は入りません!

 

さて、この力、普段メインで練習している選択式の問題では

意識していても身に着けることは難しいので、

自分の力を試してみるよい機会です!

勿論、自分の言葉で答えを導き出せるようになる、というのは、

選択式の問題を解くうえでも大きな力になるので、皆さん奮ってご参加下さい!!