記述過去問(日本史)の復習法! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 10月 12日 記述過去問(日本史)の復習法!

こんにちは~

担任助手の早坂です!

今日は、記述過去問(日本史)の復習法をお話します。

授業などで聞いたこともあると思いますが、記述問題は、一語一句解答とあっている必要はありません!

もちろん、解答のポイントになる語句や、歴史の流れ、登場人物などは確実に当てる必要はあります。

そのためには、まず歴史の流れを自分1人で説明できるようになることが大切です。

用語や年代を、それぞれ別にただ覚えようと思っても中々記憶に残りません。

常に前後の流れとセットで、「~があったからこうなった」という因果関係を意識して覚えましょう。

それが出来たら、記述問題では、指定された字数に合わせて

問題の歴史の流れを要約する力があれば大丈夫です!

記述問題演習では、この要約する力を養うことも重要です。

また、日本史はテーマごとに歴史を勉強するので、記述問題で狙われやすいテーマなどは

過去問や、授業の数をこなせば掴めると思います。

ただ問題を解くのではなく、テーマを意識して、出来なかった問題のテーマを復習していくなど

常に考えて勉強をしましょう。

全国統一高校生まで二週間とちょっとです!

みなさんが目標得点を勝ち取れることを願っています。