漢文の勉強法! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 2月 9日 漢文の勉強法!

みなさん こんにちは!

担任助手1年の丸山です。

さてさて、今日は漢文の勉強法についてお話ししようと思います。

6日のブログで小林担任助手が書いているように、古文と同じく漢文も 何となく読めている感があり、読み飛ばしてしまいがちです。なので、漢文も同様に英語を学習する感覚で勉強していく必要があります。

さらに、漢文の勉強が難しいのは、
優先順位が下がりがちである ということがあります。

たしかに、今の時期に漢文を満点にする勉強をするよりも
英語・数学を満点にする勉強を優先すべきです。

そんな中で、どうしても漢文の点数を上げたい!と思っている人に 私が受験を通して得た漢文勉強法をお教えしたいと思います!

①意味を覚えよう!
まず、漢文は勿論漢字で書かれています。この漢字には、意味が含まれています。使役、受身などですね。個々の意味を覚える前に、その漢字がどのような意味を表しているのかという大枠をつかみましょう!
同じ意味をもつ漢字を一緒に覚えるとさらに良いです!!

②句形を覚えよう!
さて、意味の大枠を掴んだら、句形を覚えていきましょう!
ここで注意して覚えてもらいたいのが、
その漢字を使ったときに、どこに返り点をつけるのか
どこに送り仮名をつけるのか
ということです。
この2つを覚えなければ、句形を使いこなせるようにはならないと思います。
その句形では、何番目と何番目に何の返り点をつけ、どこに送り仮名をつけるのか。
これを覚えれば書き下しが出来るようになります👍

③和訳を出来るようになろう!
以上の点を覚えれば、書き下しができ、大体の意味が取れるようになります。
そこで、書き下しを現代の日本語訳するときにどのように訳せばいいのかを覚えていきます。
これがらができれば、漢文を意味をとりながら読みすすめるようになります!


漢文には英単語と同じように、漢字ですが、日本語にはない意味を表す単語・熟語があります。
これを覚えれば、漢文常識にプラスになり、さらに文章を理解できるようになると思います。

沢山書いてきましたが、覚えることがいっぱいだー!と思わなくても大丈夫です!
英単語なんかより全然少ないです!
覚えることを着実に覚えれば点数は上がります!

19日のセンター試験本番レベル模試に向けて少しでもお力になれれば幸いです😌