模試活用法! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 4月 23日 模試活用法!

 模試の受験、お疲れ様でした!

 担任助手1年の植木です。

 今日は模試の活用について話をしようと思います。

 模試を受ける上で大切なことを2つ挙げます。

 ・事前に問題毎に試験時間中に割く時間を考え、それに従って模試を受けること

 特に、時間が短いセンター試験では時間配分が重要です。自分の得意・不得意、過去問を解いた時の感覚を頼りに自分なりの時間配分を考えておくことをおすすめします。そうすることで試験本番を迎えても模試と同じように受ければいいと思えて、精神的に楽になると思います。

 

 ・模試を受けた日に出来るだけ復習を終わらせること

 それは模試を受けてから復習をするまでの時間が長くなってしまうと、模試中に自分が考えていたことを忘れてしまったり、問題を間違えた原因が分からなくなってしまうからです。また、1度復習を後回しにしてしまうと、受講や高速基礎マスターを言い訳に放置しがちになってしまいます。

 文系の人は英語、国語、社会の復習を模試を受けた日に終わらせましょう。理系の人は模試を受け終わる時間が夜になり、そのあとに復習を行うのは大変かもしれませんが、解いた過程を忘れないうちに数学だけでも復習を終えるように頑張りましょう。