模試の日の体調管理 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 6月 23日 模試の日の体調管理

こんにちは~~~~!!担任助手1年の本間です!

今日も晴天の下サークル活動(農業)でズッキーニ等を収穫して一層肌焼かれてるんだろうな~と思いつつ・・・一昨日はあんな大雨だったのに・・・・・・

皆さんは気温が大きく変動するこの時期体調管理しっかりできてますか???

センター模試まであと2日っ!!!!!

ということで今回は模試の日の緊張ほぐし方や体調管理方法について話たいと思います。

前日は早く寝て、当日は早く起きろ!

 模試とは言うなれば仮想本番です!皆さんは入試前日は勿論早く寝るし、当日の朝は早く起きますよね!?

 夜更かしをして目先の1点にこだわろうとする心掛けは大切ですがそれよりも本番を想定して少しでも雰囲気を自分から近づけて程よい緊張感で模試を受ける・・・これが大切だと思います!

テスト中にわからない問題があっても焦るな

 テスト中に必ずわからない問題がでてくるはずです。そんな時努々焦らないで下さい!「これまで頑張ってきた私でさえわからないならみんなわからないから大丈夫!」と思うかもしくは「今僕には解らない問題がある!復習をしっかりすれば僕はより一層成長できる!!」位の気概で受けましょう!気にしながら解き続けても後々の問題での凡ミスに繋がりますので絶対にやめましょう!

自分なりのルーティーンを決めよう!

 その日の朝に自分なりの何かを決めてテストに望めば心の余裕が生まれると思います!本当に小さいことでもいいと思います。試験会場は左足から入る、青色の鉛筆を使う等・・・ちなみに僕は当日朝バナナを食べるでした(笑)

不測の事態に備えろ!!

 試験中に眠くなったりお腹がいたくなるかもしれません。そんな時どうすべきか事前にきめておきましょう!僕は睡魔が来たらトイレにすぐ行って腕を回したり、顔を洗ったりして体を動かしてました。また腹痛薬は常備していました。

 

このように模試は心掛け1つで生かすも殺すもできてしまいます。対策は怠らずにベストを尽くせる様に工夫していきましょう!!