暗記科目の勉強法~新学年に向けて~ | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 2月 2日 暗記科目の勉強法~新学年に向けて~

こんにちは!担任助手1年の小林です。

いよいよ2月になりました。受験生のみなさんついに本番を迎えます。悔いを残さないためにも是非自分の全力を出しきって下さい!!

さて、この時期新高3210生の皆さんに1番にやって欲しい科目は英語です。なかでも単語や熟語、文法といった暗記事項はこの時期にインプットを済ませておくことが同学年のライバルと差をつける重要なポイントとなります。また、同時進行でやってほしいことが暗記科目の基礎知識、暗記事項を出来る限り覚えるということです。高校3年生になってからインプットをしていては時間が足りなくなってしまう恐れがあるからです。

ということで、本日は暗記科目の勉強方、暗記の仕方についてお話したいと思います!

暗記のコツは2つあります。

音読する:口に出して読むことで耳からも情報を取り入れ学習効率を上げるという狙いがあります。

書いて覚える:漢字の間違いや言葉の順番を間違えるといったミスをなくすためにとにかく書くということが大切です。

以上の2つを同時に実行することがいち早く覚えるこつながります。ただ、注意しなくてはならないのがだらだらと時間をかけないということです。

また、1つの事項を覚えるまで時間をかけて次に行くというのではなく、少ない時間で集中して覚えその後チェックを繰り返すというやり方を実践してみてください。

この時期の暗記事項や基礎事項の徹底は本当に大きな差となって受験期に響いてきます。

頑張っていきましょう!