古文読解のコツ!! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 3月 2日 古文読解のコツ!!

皆さん、こんにちは!

担任助手1年生の小田切です。

今日はジメジメして嫌な天気ですね…

調子に乗って薄着で家をでたらめちゃくちゃ寒かったです……

 

そんなことはどうだっていいのですが、本日のブログは!

何と‼

生徒の皆さんのリクエストにお応えして!!!

古文読解のコツ

です‼‼

(ちょっと長いですが、最後まで読んで頂けると嬉しいです!)

古文苦手って人結構多いですよね

「文法事項は一通り覚えてるのに文章が読めない…」

って言われることが多い気がします。

 

でも、よく考えてみてください?

もし、古文の問題で出てくる文章が全部現代語訳されていたら、設問って全部簡単に解けると思いませんか?

 

これは、現代文と古文の違いなんですが、現代文は内容が理解しにくいのに対し、

古文は文章自体は読みにくいのですが、一旦読めてしまうと、

内容はそんなに難しいものではないのです!

 

つまり、古文が出来るか出来ないのか、というのはいかに古文を現代語訳に直して理解出来るか、というのにかかってきます。

 

では、どうしたら現代語に直せるのかでしょうか?

世の中には、先人が生み出してくれたとっても便利なツールがあります

それが文法です!

 

文法の通りに読みとけば、理論上は現代語訳に直すことが出来ます。

文法事項を覚えられてなければお話になりません。

絶対にぬけが無いようにして下さいね!

 

 「いやでも、文法は覚えてるのに文章は読めないんですよ!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

確かに、いつもいつでも理論通りいくとは限りません…

 

上手くいかない理由として

①暗記した文法事項が上手く扱えていない

②主語や目的語の省略などがあって、素直に文法通り読んでも意味の正しい現代語訳にならない

 以上の二つが考えられます。

 

まず①に関してですが…

これは練習を繰り返すことが1番有効な対処法だと思います。

傍線が引かれていない部分でもきちんと文法を意識して読めていますか?

練習として、出てくる文章にあった単語1つ1つを文法的に解説するようにしましょう!

量をこなすことによって精度も、スピードも上がります!!

 

次に②に関して!

これははっきり言って難しいです…

ですが、昔の人は何で省略をしたかと言えば、それが書かなくても伝わることだったからです。

昔の人にできたことは、今の僕たちにもできるはず!!

 

と、いうことで、省略されているものをどのように推測するかについて書いていきます!

僕がよく使っていた方法を2つ紹介させて頂きます!!

1.古文常識を使った推測

2.敬語を使った推測

 

まず古文常識から…

これは有名な出典(源氏物語、更級日記)の文章が出題されたときに凄く助かります。

著者や登場人物、あらすじまで知っていたらもうこっちのもんです。

誰が誰と結婚するのか、とか誰が活躍するか、とかがわかっていればだいぶ読みやすくなりますよね。

 

もちろん、そのような場合以外でも古文常識は役に立ちます。

 
例えば、「方違え」や「物忌み」という単語がどの様な意味か知っていますか?
 
詳しくは是非、各自で調べてみて欲しいのですが、古文に独特の単語が出てきたとき、文中の状況やその後の行動を推測できる場合があります。
今後、古文常識もインプットしていくとともに、文章中でも気を付けて読んでみてください!
 
次に、敬語についてです。
敬語は、主語や目的語が省略された場合にとても大事な手がかりとなります。
 
古文では、帝や貴族が登場する文が多いですよね!
その場合、必ずと言って良いほど敬語が登場します。
 
敬語で重要なのは、上下の方向性があることです。
例えば、貴族が帝に何かを「申す」とき、「申す」は謙譲語なので、主体(貴族)が客体(帝)に対して上向きの方向を持っているわけです。
(つまり、帝のほうが偉いってことですね!)
 
 
上の例で、客体である「帝」という言葉が省略され、「貴族が申す」となってしまった場合を想定しましょう。
 
先ほど書いた通り、「申す」は、客体の方が地位が高い、ということを表現していますので、客体に当てはまるのは、発言した貴族より偉い人物、となります。
その後は、文脈による判断、となってしまいますが、敬語によってだいぶ対象が絞られますよね!
 
まだまだ詳しく説明や解説をしたいところではありますが、ここでそんなに長く書いてもよくないと思うので、
「もっと詳しく知りたい!」
とか、
「こんな場合のときはどうすればいいんですか?」
などの疑問がありましたら、
お気軽に、小田切まで話しかけてみてください!!