受験期の過ごし方(中津川編) | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 1月 17日 受験期の過ごし方(中津川編)

こんにちは!!担任助手一年の中津川です!!

先週の土曜日にはセンター試験があって、いよいよこれからいわゆる「受験期」に入っていきます!!

 

今回は僕自身がどのように受験期を過ごしていたかをお話して、少しでも皆さんのお役にたてていただけたらな~と思います。

 

受験期と聞くと毎日深夜まで勉強して、朝早く起きて死に物狂いで勉強というイメージがあるかもしれませんね。

 し か し 僕が一番気を使っていたのは健康面でした!!

少ない睡眠時間や夜以外の睡眠では体が完全には休まらず頭も完全には働きません。

当日までまだまだ成長できるチャンスがあるのに頭をフル回転させて勉強に挑まないともったいないですよね?

あともう一つ大事なのは徹底した手洗いやうがいです!!

余り習慣の無い人は大変だとは思いますが、外から塾、もしくは受験会場等に入ったら、手洗い。食事をする前は絶対に手洗い。

この二つを徹底するだけでもだいぶ変わってくると思います!!

そして一番大事なのが心の健康面です。

試験の連続で心も体も疲弊してくる時期です。

試験終わりには会場近くのおいしいものを食べるだとか、気を抜かない程度に自分を労ってあげて下さい。

あとこれは僕が実際こうしていた、というだけでオススメという訳ではないのですが試験が終わった後自己採点はしていませんでした。

成否の確認というよりは問題を解いて「ココあやふやだったな…」、「ココはまず知らなかったな…」という箇所をチェックして覚えなおすまたは新しく覚えていました。

試験結果に一喜一憂する必要はありません。

毎試験が成長の場です。

試験の場を全力をだし、さらに成長する場とポジティブにとらえられるように日頃の勉強と心身どちらの健康にも気を使っていきましょう!!!