先延ばし魔に効く薬 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 8月 25日 先延ばし魔に効く薬

こんにちは!
校舎長の小四郎丸です!

残暑というには厳しすぎる暑さですね。体調管理、特に気を使っていきましょう。
室内外の寒暖差が激しくなると思うので、できれば上に羽織れるものを持っておくとか、
水分補給を徹底するとか、冷たい物ばかり食べないようにするとか、少しの工夫で体調を崩さずに済みます!

高校3年生にとっては、「受験の天王山」と迎えた夏休みがそろそろ終わろうとしています。
この次に浪人生と同じ時間勉強できるのは3学期、1月くらい。
来週からは新学期という人も多いはずです。過去問演習をスタートさせる人も多いでしょう。
スケジューリングがより難しくなります。手帳やアプリなども使って、細やかにスケジュールを決めていきましょう。

高校1,2年生と中学生にとっては、ここからの1週間、夏休みの宿題にケリをつける1週間でしょうか?
(「そんなもの当然すでに終わっているわ!!」というひとはエライ!!)
これもしっかりスケジュールを立てて、そして宿題も極力校舎に来てやってしまいましょう。
家でやっているとなかなか先に進まないもの。環境って、大切です。

高校3年生も、高校1,2年生も中学生も(そして大学生も社会人も)、大切なのはスケジュールを立てると言う事。
自分でスケジュールを立てて、自分で自分を焦らせてあげないと、人間なかなか火はつきません。

↑「TED:先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」 

対極的に物事を考え、ゴールから逆算し、今なすべきことを定量的に決め、やり遂げるまで実行する。
大学受験にも、人生にも、すべて通じる極意だと思います。

もしまだ大学受験へのスタートが切られていない、モチベーションが上がり切っていないのであれば、
それはもしかしたら「今何をすべきか」が定量的に定まっていない、スケジュールが見えていないだけかもしれません。

ぜひ、一緒に考えましょう。
そして、いま、スタートしましょう。

ではでは!